空室物件になる原因について~まとめ~

不動産経営をするうえで空き室が生まれてしまうことは致命的です。
しかし、空き室が生まれてしまう原因が分からないままだと、いくら対策を講じてもあまり意味がありません。
今回空き室の原因について考えてみました。

 

【基本的な空き室の原因4つ】

空き室の原因となる点についてざっくり言えば以下の4点に絞ることができます。

・入居者をうまく集客できていない
まず大切なのがWeb集客をきちんと整備することになります。この時、入居して欲しい物件がより多くの人の目につくポータルサイトに掲載されることが大切になってきます。
ポータルサイトに掲載されている情報をチェックするポイントは以下4つです。

1.空き室となっている部屋がきちんと掲載されているか
2.敷金・礼金・ペット可などの募集条件が正しく掲載されているか
3.部屋の間取りの写真は頻繁に更新されているか
4.写真は晴れた日の写真が使われているか

・入居者募集活動の営業力がない
自分の所有する物件を営業にかけ、賃貸募集店などにうまくアピールすることは大切です。
その際注意すべきポイントは以下の4点です。

1.大きい不動産会社、小さい会社かかわらず訪問する
2.できるだけ店長と話をするようにする
3.名刺は必ずもらう
4.訪問時には手土産を持っていく

・相場と乖離した家賃設定
周辺地域との家賃相場が離れすぎている場合には空き室の原因となりやすいです。
また相場に応じた家賃設定でも敷金、礼金などが高額になってしまう場合などは「敷・礼、ゼロゼロ」に設定して集客に生かすのも一つの手です。

・商品(物件)の差別化ができていない
住民の必要な情報やサービスを提供してくれるコンシェルジュや特に分譲マンションではミニショップが併設、ジムやバーベキューの設備などほかの物件とは違うサービスで差別化を図って空き室に備えている物件も存在しています。

 

【まとめ】

以上空き室の原因として考えられる4つのポイントについて考えてみました。

空き室の原因としては他にも「管理が雑で顧客(住民)の満足度が低いこと」や「物件が立地する周辺地域から入居者が流れ出ていないか」などの理由も考えられます。
また、市場環境から考えられる、自分の所有する物件の間取りの需給関係を明確にすることが大切です。それらを考慮したうえで物件を売りに出してくれたり、賃貸契約につなげてくれる管理会社を選択していくことになります。
空き室の原因についてより正確にリサーチ・分析する視点を持ち、空き室を少なくできるよう参考にしてください。