入居の申し込み後のキャンセルは出来るの?ポイントご紹介

入居の申し込みをしたにも関わらず、キャンセルしなければいけない事情が発生したとします。不動産会社にキャンセルの依頼をする時に、気を付けておかなければいけない事があります。入居の申込みをキャンセルした時の対処法をお伝えします。

 

契約と申込みは違う?
申込みの事を契約と思いがちですが、実は契約は署名捺印をして初めて契約となります。申し込むというのは、自分がその物件に住みたいという意思表示をする事です。
結婚で言えば求婚する事ですね。契約はキャンセルが出来ませんが、申込みはキャンセルをする事が出来る様です。

 

申込みのキャンセルをした時に敷金が返ってこない?
申込みのキャンセルを伝えた時にこんな事があれば要注意です。
・キャンセルしたのだからと家賃の1か月分は支払う様に言われた
・敷金が返って来ないと言われた
申込みをする→敷金・礼金の支払い→契約、という流れの場合、申込みの後、契約の前に敷金と礼金を支払っている事があります。敷金礼金を申込みの後に支払っていたからと言って、まだ契約していないのですから、敷金や礼金が戻ってこない事はありません。
また、家賃の1か月分を納めなければいけない義務もありません。もし、請求されたら断りを入れることが出来るので支払わない様にしましょう。ちなみに敷金礼金、家賃1か月分を支払わなければいけない場合は、契約後のキャンセルをした場合の様です。

 

申込み後のキャンセルはしない方がいい理由
だからと言って、簡単に申込み後のキャンセルはしてもいいのでしょうか。答えはNOです。理由はこちらです。

 

一度キャンセルすれば、他の物件を借りにくい
不動産会社にしたら、この人はすぐに他の物件もキャンセルするのではないかという警戒心を抱く事になります。そのため、キャンセルしたのなら、違う不動産会社を探すなどしなければいけない様です。
いい物件ばかりが揃っているなどの不動産会社で決められなくなるリスクを取らない為には、申込みでさえ慎重になるのがいい様です。

 

人件費が掛かっている
申込みを入居者がしたら、契約書の作成に入ります。この時、残業をしてでも契約書を作成してくれているかも知れません。また、内見から希望の物件探しの間も、その人は入居者につきっきりであり、その間もし、他の物件を他の人に勧める事が出来れば契約となったかも知れません。
渋る大家さんに、家賃を安くしてほしいと交渉してくれたのに、他の物件の方がいいと簡単にキャンセルされればマナー的にも良くないというわけです。
結婚の申込みまでしたにも関わらず、最近出会ったあの子の方が可愛いからと婚約破棄となるのと同じだというわけです。

 

申込み後のキャンセルはしないのがベター
不動産会社に来て、すぐに申し込んだ人にすればそれくらいいいのでは?と思われるかも知れません。しかし、中には10件以上も内見した後やっと申し込んだという人もいる様です。
とにかく不動産会社にしては、申込み後のキャンセルは避けてほしい事なのです。入居者にしても他の物件にも影響があると困るでしょうから、申込み後のキャンセルしない方がいい様です。