定期借地権は通常の借地権とどう違う?

【はじめに】
借地権は、建築物や植物、工作などの所有に借地を利用するための権利です。
しかし、土地を借りる人の権利が守られる一方で、土地の所有者は「貸した土地がなかなか返ってこない」などのトラブルに悩まされ、土地の賃借に慎重にならざるをえませんでした。
そこでできたのが、「定期借地権」です。定期借地権は、土地を借りる側だけでなく貸す側の権利も保護して、余った土地を有効利用してもらうための決まりです。
今回はこの「定期借地権」の概要をまとめます。

【定期借地権の概要】

・定期借地権とは
定期借地権とは、通常の借地権とは異なり、はじめに契約した期間で借地権が終了し、更新できない形式の借地権です

平成4年8月に施行された「借地借家法」に含まれています。
この法律を利用すると、土地の所有者は「いつまでも土地が返ってこない」などのトラブルの心配なく、土地を貸し出すことができます。
また、期限付きなのでその分賃料を下げることができ、借主側も少ない負担で土地を借りることができるようになりました。

定期借地権には、借地権を50年と定めた「一般定期借地権」と、賃借契約から30年以上経過したら土地の所有者が建物を買い取る「建物譲渡特約付借地権」があります。
また、借地期間を10年以上20年以下と定めた「事業用借地権」という制度も存在します。こちらは、事業専用なので住宅を建てる目的では利用できません。

・定期借地権付きマンション
定期借地権を利用した、賃貸マンションです。
50年の期限付きで土地を借りてマンションを建てる権利と、土地を借りる権利を複数人で共有することができます。

マンションのオーナーは、土地所有者に借地料を支払います。借地料とマンションの建設費はかかりますが、土地の購入費はかからないため、費用を抑えてマンション経営を始めることができるという特徴があります。
ただし、期間満了時点で建物を取り壊す必要があるため、その後はマンション経営を続けることはできません。もちろん、マンションの住人も出ていかなくてはなりません。
他に、「定期借地権付住宅」という戸建てもあります。

・定期借地を借りるには
定期借地権で土地を借りるには、地主の知り合いに相談してみてもいいのですが、インターネット上で募集要項を探すという方法もあります。

例えば「定期借地 神奈川」などと検索すると、定期借地権付の住宅やマンション、借地募集要項などが出てきます。
大手不動産サイトから申し込む形式、所定の申込書のファイルをダウンロードして必要事項を書きこんで提出する形式などがあります。
詳しい手続き手順・必要書類などは、ケースごとに違います。

【最後に】

今回は、定期借地権についてまとめました
定期借地権には期限が設けられていますが、無期限の借地権と比較して土地の貸し借りのハードルが下がるというメリットがあります。
できるだけ費用を抑えて住宅を建てたい方や賃貸経営を始めてみたい方は、一つの方法として検討されてはいかがでしょうか。