賃貸物件にエアコンをつけると空室対策になる!

カテゴリ:不動産基礎知識

はじめに

賃貸を探している人が、お部屋に求める設備とはなんでしょうか?
バストイレ別、2つ口コンロ、インターネット環境・・
人それぞれ「コレ!」というものがあると思いますが、物件オーナーさんが見落としがちなのがエアコン。
これからのジメジメとした梅雨時期や暑さの厳しい夏に向けての必需品ですよね。でも、意外に自分の物件に付けてないオーナーさんも多いようです。
今回は空室対策としてのエアコン設備について、利点を交えながらお話していこうと思います。

空室対策にエアコン完備は必須

そもそも入居者とってエアコンは「あって当たり前」と思われている、必須アイテムです。不動産物件情報を見ている段階でエアコン設備がなければ、その部屋に内見にすら来てくれません。
つまり、エアコンがない部屋というのはすでにマイナスの位置にあるのです。
設備投資を渋っているオーナーさんはまずそこを認識して、物件のマイナスポイントを改善しましょう。そうすることで、あなたの物件は、他物件との競争のスタート地点にようやく立てるのです。

さらにエアコンを設置するだけで家賃の値上げができるケースもあります。
家賃の値上げはなかなか勇気のいることです。しかし物件としての魅力があるのならばエアコン設備があることを長所として競合物件との差別化を図り、値上げに踏み切れるでしょう。
ここで注意したいのは設置するエアコンのグレード。
先ほども言ったようにエアコンはあって当たり前の設備なので、これから導入を検討するオーナーさんが選ぶべきエアコンはハイグレードなものです。
つまり空気清浄機としての機能がついたものや、自己洗浄機能をつけたものなどです。
ここで他との差を付けましょう。

さらにもうワンポイント。
ファミリー向けの賃貸経営をしている方は、リビングにもエアコンを設置しましょう。理由はとても簡単。リビングにエアコンが付いている物件は少ないからです。
こういったところで差別化を図ることで「このオーナーは細かい気配りができる」と思わせられます。
家賃の値上げに対する入居者の納得も得られるでしょう。

故障したときの修理費は?

エアコンを設置したら、次に気を付けなくてはならないのは、その維持。
エアコンが故障したときは、入居者に多大な不快感を与える可能性があります。故障したらすぐに修理しましょう。基本的に設備の修理費はオーナーさん持ちです。(その分も込みで家賃徴収しているので当然ですが)
だからこそ入居者が出ていったあとの維持メンテナンスは大事です。専門の掃除業者を呼んでしっかり内部まで掃除させましょう。万全を期すのなら入居者が決まったときにも、エアコンがしっかり動くか確認しましょう。

まとめ

エアコン設備は「あって当たり前」でありながらも、入居の決め手にもなりえます。
これから暑い夏です。「賃貸に空室があって困っている」というのなら、まずはエアコン設備に目を向けてはどうでしょうか?