賃貸物件の空室対策~照明選びは大切~

カテゴリ:不動産有効活用

はじめに

賃貸物件を所有するオーナーの多くは、賃料を得るために空室対策をきちんと考えています。ですが、これから賃貸物件を所有して活用しようと考えている人は、空室対策に有効な方法とは何かをきちんと理解し、実行する必要があります。

空室対策をしよう

空室対策をすることで、安定した家賃収入を得ることができます。空室対策はいくつかあるので、主な事例を紹介しておきます。

共有部分の清掃

仲介業者を利用しているのであれば、内覧している人物がいるかどうか定期的に確認しましょう。内覧があっても契約まで至らない場合、共有部分が掃除されていない場合が多いです。
繁忙期になると管理会社は多忙になり、清掃が疎かになってしまうことがあります。そのため、管理会社に任せきりにするのではなく、自分でも所有する賃貸物件を訪れて自分の目で共有部分の状態を確認し、きれいにしておきましょう。

条件を変える

空室対策として有効なのが、条件の変更です。ペット可や楽器可にすることで、賃貸物件を探している人のニーズに合わせることができ、人気のある物件として生まれ変わらせることができます。
ただし、条件を変えるときは既に生活している他の住居者に変更する旨を伝えなければトラブルを起こしてしまうので注意が必要です。

照明を変えよう

上記で紹介した対策は不動産投資をするなら基本中の基本です。
ですから、ここでは照明に目を向けてみましょう。
意外かもしれませんが、照明を変えるのも空室対策の1つです。照明器具を部屋の雰囲気に合わせるのはセンスが必要になるのですが、部屋の雰囲気を変えて魅力を高めることができるのでオススメです。

シャンデリア

高級感があり、天井が高い賃貸物件に適しているのが、シャンデリアです。シーリングを取り付けるだけなので工事が必要なく、手間がかかりません。また、6畳から8畳ほどの広さであれば安いシャンデリアでも部屋をしっかり明るくすることができるので費用がかからないのもメリットです。

スポットライト

どのような賃貸物件にも適している照明器具として有名なのが、スポットライトです。シャンデリア同様におしゃれな雰囲気を出すことができ、シーリングライトに比べて圧迫されることがありません。また、種類が豊富にあるのも大きなメリットです。

シーリングファン

シーリングファンは、部屋が広く天井が高い賃貸物件に適した照明です。大きな羽が特徴的なので狭い部屋には適していませんが、広い部屋に設置することで冷暖房の効果を高めてくれるので暮らしやすい部屋を提供することができます。

まとめ

賃貸物件の空室対策として効果的な方法を紹介しました。照明を変えるなど努力をすることで、入居希望者に魅力をしっかりと伝えることができます。ですから、空室を作らないよう、オーナー側がやるべきことは何かきちんと把握しましょう。