繁忙期における賃貸空室対策

カテゴリ:不動産有効活用

はじめに

さまざまな業種で繁忙期や閑散期があるかと思います。賃貸の不動産業界においてもお客さんが多く出入りする忙しい時期があり、またそれとは逆にそれほど需要がない落ち着いた時期があります。
繁忙期における賃貸アパートの空室対策では、どういったポイントがあるのでしょうか?
この記事では、賃貸アパートの繁忙期における空室対策について、紹介していきたいと思います。

不動産業界の繁忙期とは?

日本においては、進学や就職時期はたいてい年度はじめの4月になります。
進学や就職を期に部屋探しをする時期としては、4月より前の12月から3月ごろが繁忙期といわれ、ファミリー世帯向け賃貸では、結婚式で人気の6月が繁忙期です。多くの人が新しい生活の拠点を求めて動き出す時期ですので、空室を抱えているオーナーさんにとってもぜひこの時期に満室を目指したいところですよね?
では、繁忙期にできる空室対策とはどんなものがあるでしょうか?
次の項で空室対策の差別化について、さらに見ていきましょう。

繁忙期に備えておきたいこと

一般的に不動産の繁忙期の空室対策としては、フリーレントといわれる入居月家賃無料キャンペーンなどがあります。また、一人暮らしに好評な家具・家電付き、セミオーダー感覚で入居希望者にクロスの色を選んでもらうなどの企画、さまざまな取り組みがなされています。またオーナーさん側の対策として、入居者募集の内容の見直し、管理会社・清掃業者の見直しなど、見えない部分での取り組みも重要です。

具体的に入居者募集の見直しについては、特に現在の部屋探しの主流となっている「不動産ポータルサイトへの掲載内容が適切であるか?」、「写真は見やすくお部屋の状態がわかりやすくなっているか?」など、多くの方の目に留まる内容にしていくことが重要です。
また提携している清掃業者や管理会社の見直しについては、オーナーさん自身が現状を十分に把握し、内見者の印象に残るより良い清掃管理がされているか、積極的に空室対策に動いてくれる管理会社であるかの見極めも必須になってきます。

まとめ

空室対策としてはたくさんの方に興味を持っていただいて、入居していただけるよう、入居者募集の内容や写真動画の掲載など、多くの人の目に留まるような内容にしていくことが重要です。また清掃においても清潔感あふれる丁寧なお仕事をしていただける業者を選定することや、入居者募集に積極的に動いてくれる管理会社と連携していくことが大切になります。そして不動産業界の繁忙期は、ほかのオーナーさんにとっても当然力を入れるチャンスとなりますので、ほかと明確な差別化を図ることもポイントになります。